0120-74-8164 午前9時~午後7時(日・祝・休業日を除く)

協賛活動

川崎フロンターレ選手インタビュー

独占インタビュー!

川崎フロンターレのキャプテンである中村憲剛選手と、エースストライカーの大久保嘉人選手。チームの要として活躍するお二人と当社代表取締役社長(取材当時)・島津勇一との対談が実現しました!練習後にも関わらず、和やかな雰囲気の中、ときには力強く、チームのこと、自身のこと、サポーターのこと……様々な質問に答えてくださいました。(対談日:2016年5月5日)

中村憲剛選手

キャプテンの中村選手から見て、今年のチームの調子はどうですか?

島津勇一

フロンターレに入って14年目、今年は一戦一戦、選手みんながタフに戦えていると思います。引き分けそうな試合で最後に決めたり、逆転勝ちをしたり。ここ数年で考えれば、上出来。もちろん、物足りないところもあるけど、「もっとできる」というのびしろを感じながらやっています。それに、今年は失点が少ないですね。「攻め勝つ」ことができないときは、「しっかり守って勝つ」のを目指しています。

チーム最年長のベテランですが、目標はありますか?

チームの目標は優勝ですが、自分としては、難しいプレーを難なくこなして点を獲る回数を増やしていきたいですね。今35歳ですが、もっとうまくなりたいんです。往復で何回も走るとか、体力で年下に負けることはあっても、技術はまだまだ磨けるはず。足の技術、判断力……完璧はないですね。どのポジションでも、毎試合得点に絡んでいきたいです。それはこの14年、変わらない志でやっていますよ。

サッカーを続けている原動力は何ですか?

サッカーは試合ごとにシチュエーションが違うし、同じプレーもほとんどないのが魅力ですね。自分でもびっくりするプレーができることがあるんですよ。そうすると、またやりたくなるんです。それで、いい試合をすればサポーターが喜んでくれるし、悪いプレーをすると、悔しがってくれる。毎週の試合で刺激をもらえていて、それがサッカーを続ける原動力になっていますね。毎回違うことが起きるのは、サッカーならではじゃないかな。

他のチームにはないフロンターレの魅力はありますか?

地域密着を掲げるJリーグの中でも、フロンターレは地域の方たちを巻き込む力が一番だと胸を張って言えます。スタッフの企画力が違います。ホームゲームでのイベントでかぶり物をしたりするから、新しい選手は最初、「本当にやるの?」ってためらうこともあるけど、なんだかんだみんなやりますし、自分は楽しんでやっていますね。いろんなチャレンジをしているので、ぜひ、多くの方に等々力陸上競技場に来てほしいです。

大久保嘉人選手

エースストライカーの大久保選手から見て、フロンターレはどういうチームですか?

大久保嘉人・島津勇一

2013年にフロンターレの一員になって、今年で4年目になります。フロンターレはおもしろいですよ。他のチームにはない攻撃ができて、劇的な勝ちがあるんです。やっていてもドキドキする。まだまだうまくいっていないところもあるけど、ドラマチックなので、観客も最後まで楽しめるんじゃないかと思います。でもね、少しおとなしいところがある。試合では、うるさいくらい声を出してもいいのに。「もっとアグレッシブに行け」と、檄を飛ばすこともありますね。

チームでは、他の選手に声をかけるほうですか?

選手同士のコミュニケーションは大事ですね。一番年下だと20歳くらいだから、なるべく自分から話しかけています。最初は自宅に呼んで家族と一緒にバーベキューをするんです。練習や試合後にも食事に誘って話を聞いて、自分もストレートに言いたいことを言って。ケンカにはならないですよ。仲はめちゃめちゃいい。ため込むとプレーにも影響するから、吐き出したほうがチームはうまくいきますね。

試合中、サポーターの声は聞こえていますか?

試合中は、サポーターの声はしっかり聞こえていますよ。応援歌を歌ってくれているときなんか、一緒に口ずさんでいることがあります。いいことだけじゃなくて、悪いこともちゃんと聞こえるんですけど、的を得たヤジなんかが耳に入ると、「マニアかな」と感心することもありますね。

Jリーグで3年連続得点王に輝いていますが、今の目標は何ですか?

目標は、ストライカーとして、得点記録を誰も手が届かないところまで伸ばすことです。それが原動力でもあります。そして、今年は4回目の得点王を目指しています。実は、1回目の得点王を獲るときが一番プレッシャーがあって厳しかったのですが、4年連続で獲るのはJリーグ史上初。今年もプレッシャーはあるけど、成し遂げたいですね。通算200ゴールも当面の目標です。もちろん、優勝もしたいですね。

キャプテン、副キャプテンとして、チームメイトに檄を飛ばすこともあると言う中村選手と大久保選手。中村選手曰く、「嘉人とは夫婦みたいな感じ」だそう。どちらかが檄しているときはどちらかが黙っている――そんなお二人の阿吽の呼吸にも注目しながら、観戦してみてはいかがでしょうか。当社はこれからも川崎フロンターレを応援してまいります!

旗

川崎フロンターレのホームグラウンドである等々力陸上競技場に掲げられている当社の広告。

ふろん太くん

川崎フロンターレのマスコットキャラクター、「ふろん太」くんが当社を来訪。

2017年4月18日作成

保険のお申し込みはこちら

0120-74-8164 午前9時~午後7時(日・祝・休業日を除く)