0120-63-1234 午前9時~午後7時(日・祝・休業日を除く)

大切なペットとの“いきいき”とした暮らしのために

犬猫お役立ち情報 ワンハッピーニャンハッピー

猫の生活

猫がご飯を食べないのは、飽きたから?それとも病気?~食欲不振の理由と対処法~

ご飯の前にいる猫

愛猫が突然ご飯を食べなくなると「病気かも?」と飼い主さんは心配になりますよね。猫がご飯を食べなくなるのは、病気やストレス、フードに飽きてしまったなどさまざまな理由が考えられます。慌てる前に、猫の習性を知り、思い当たる原因がないかを確認しましょう。

猫が突然ご飯を食べなくなる5つの理由

猫が突然ご飯を食べなくなった理由を考える際は、まず、猫の習性を理解する必要があります。猫はわがままで気まぐれなイメージがありますが、そもそも警戒心が強い動物です。また、食に対してこだわりが強く、偏食の傾向があります。

もちろん食欲不振は習性や性格によるものだけではなく、病気の場合もあります。猫がご飯を食べなくなってしまう原因について、詳しく紹介します。

①偏食による好き嫌い、同じ食事に飽きてしまうことも

猫はもともと偏食です。味だけでなく食感やのど越しなどにも猫それぞれの好みがあり、香りには特に敏感です。多くの猫は離乳期に食べたものを好む傾向があるため、好きな味や香りではないフードだと食べなくなることも。

また、「ご飯を食べた直後に吐いた」「ご飯に苦い薬が入っていた」などの嫌な体験とフードが結びついてしまうと、突然そのフードを食べなくなることもあります。

ずっと同じ食事が続くと飽きる猫が多いのは、「新しいものが好き」という習性を持つためです。

②猫はストレスでご飯を食べなくなることもある

引っ越しをして新しい環境になった、見知らぬ人が家に来たなどが大きなストレスとなってご飯を食べなくなることがあります。

多頭飼いの場合、犬や強い猫に食べられてしまったり、食事を見張られることに恐怖やストレスを感じたりして、ご飯を食べなくなるケースも見られます。

また、食事環境も重要です。食事の場所がトイレに近い、周囲が騒がしい場合は、食欲が低下することがあります。首輪の鈴が食器に当たる音が気になる猫もいるようです。

食器が汚れている、食器が深すぎて食べにくいといったことなども食欲低下の原因になります。また、ヒゲが食器に当たることを嫌がる猫は多いようです。

③猫の発情期かもしれません

発情期になると食事がおろそかになりがちです。発情による食欲低下は、去勢や避妊手術をしていない雄猫と雌猫のどちらにも見られます。

雌猫がやたらと甘えてきたり独特の声で鳴いたりし始めたら発情のサイン。雄猫は雌猫の発情に誘発され、独特の声で鳴いてマーキングなどが始まります。

猫の発情は犬のように定期的ではなく、日照時間の長さに影響されることが特徴です。いつも明るい部屋で過ごす室内飼いの猫の場合、しょっちゅう発情することも少なくありません。

④老猫は食事量が減ってくることも

老猫は、活動量の低下に伴い食べる量が少なくなる傾向があります。食器が床に置いてあって食べにくい、寝床から食事場所まで遠いということも食欲低下の原因になります。嗅覚が衰えてフードのニオイを感じにくくなることもあります。

高齢になると、猫も「高齢性認知機能不全症候群」と呼ばれる「認知症」になることがあります。夜中に起きて鳴き叫ぶ、昼間寝てばかりいるなど今までとは異なる行動が見られ、食欲が低下している場合は、認知症の可能性を考えてみてもいいかもしれません。

⑤猫がご飯を食べずに寝てばかり…病気の前兆かもしれません!

「ご飯を食べない」ことに加え、「寝てばかりで元気がない」「水も飲まない」という場合は要注意です。何らかの病気の前兆かもしれません。特に「吐く」「下痢をする」「息が荒い」などといった症状が伴う場合は、早めに動物病院を受診しましょう。

成長期の子猫は食事を抜くと低血糖になりやすいため、たとえ元気があっても動物病院への受診が必要です。大人の猫でも24時間以上食べていない場合は、特に症状はなくても動物病院を受診してください。

猫にご飯を食べてもらうには?~3つの対処法~

人とおもちゃで遊ぶ猫

猫の様子を観察して、病気ではなく偏食や環境によるものだと考えられる場合は、ご飯の与え方や種類などを変えてみましょう。食べず嫌いの愛猫におすすめの対処法をご紹介します。

①ご飯の与え方を工夫してみる、種類を変えてみる

与え方を工夫したり、フードの種類を変えたりするだけで食べるようになることがあります。猫が「1日に何度も小動物を狩って食べる動物である」という習性を考えて工夫することがポイントです。

狩りでは体温の残った獲物を食べるため、ドライフードもウエットフードも少し温めると食欲が増すことがあります。温めると香りが立ち、食欲を刺激するので、特に嗅覚が衰えている老猫には試してみるといいでしょう。

意外と効果的なのが、飼い主さんの手から与えること。これがきっかけで食べるようになる猫もいるようです。やりすぎてしまい、手であげないと食べないということにならないように注意する必要はありますが、少し食欲が落ちていると感じ始めた段階でトライしたい方法の1つです。

猫の好みにあわせて手作りするという方法もありますが、毎食、猫に必要な栄養を考えて作るのはかなり大変です。食べてほしいフードに味付けをしていない茹でたささみをトッピングしたり、茹で汁を与えたりするのがおすすめです。

部屋のあちこちにフードを置いて、狩りの気分を味わえるようにするとストレス解消にもなり一石二鳥です。転がすとフードが出てくるおもちゃは、特に夢中になるはずです。

ドライフードもさまざまな種類が売られています。粒の形や食べ応えにも好みがあるため複数のフードを用意して、猫の好みを探ってみるとよいでしょう。ただし、フードはいきなり全部切り替えてしまうとお腹を壊すことがあるので、今までのフードに少しずつ混ぜながら変更していきましょう。

②食べやすい環境を作る

猫が食べやすい環境を作ることも大切です。食器はヒゲが当たりにくい平たい形状のお皿に変えてみてください。陶器製は、プラスチックに比べてにおいや細菌が付きにくいのでおすすめです。毎回きれいに洗うようにしてください。

老猫は筋力が衰えてくるので、首を下げて食事をすることがだんだんと苦痛になってきます。高さのある食器にするか台の上に置いてあげると猫はかがむ必要がなくなり、食べやすくなります。

食事場所は猫のトイレから離れた静かなところに設置します。子どもが騒ぐ場所や、テレビなどの大きな音がする場所は避けましょう。

ストレスになるため、飼い主さんは「食べようね」「おいしいね」など声をかけないようにすることも大切です。多頭飼いの場合は、別々に食べさせるほうが落ち着いて食べられます。

③日常的に生活サイクルを観察する、運動量を調節する

ご飯の時間や回数を、猫の生活サイクルに合わせて調節してみましょう。猫はご飯を一度で食べずに、何回かに分けて少しずつ食べるのを好む動物なので、できるだけ新鮮なものを食べられるように1日数回に分けて与えるように工夫します。

置き餌をすると、ほとんどの猫は自分で調節して食べますが、一度に食べてしまう猫もいます。飼い主さんが仕事に行っている間や睡眠中は、自動給餌器などを利用して小分けにして与える方法を試しましょう。

運動不足が食欲に影響することもあります。猫は上下運動をする動物なので、猫向けに作られた段のあるケージを用意するかキャットタワーや安全な家具を設置するなど、ふだんから運動をしやすい環境にしておきましょう。

また、飼い主さんが一緒に遊ぶことも大切です。運動不足も解消できて、コミュニケーションも取れるので、毎日数分でもいいので遊んであげるようにしましょう。

極端な寒さや暑さによって食欲が低下することもあります。特に夏場は暑さから食欲も落ちやすく、フードの劣化も早まります。部屋の温度調節にも注意してください。

まとめ

猫が突然ご飯を食べなくなるのは、病気以外の理由として偏食、食器や食事の環境、気温の変化、運動不足などが考えられます。ご飯の好みを探ると同時に、与え方や食器の形状、周囲の環境も確認してみましょう。

愛猫の食欲が落ちるのは、たとえ元気でも心配ですよね。病気の可能性も踏まえ、食欲が低下したときは動物病院を受診すると安心です。

  • ※掲載している内容は、2021年4月27日時点のものです。
  • ※ページ内のコンテンツの転載を禁止します。

保険のお申し込みはこちら

0120-63-1234 午前9時~午後7時(日・祝・休業日を除く)