0120-63-1234 午前9時~午後7時(日・祝・休業日を除く)

大切なペットとの“いきいき”とした暮らしのために

犬猫お役立ち情報 ワンハッピーニャンハッピー

犬の生活

犬と電車に乗るときに気を付けることは?ルールや注意点を解説

電車の中で犬を連れている人を見かけたことはありますか?そもそも犬を電車に乗せていいの?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、ルールを守れば犬連れでの乗車は可能です。

ただし、電車を利用するすべての人が動物好きとは限りません。ケース(キャリーバッグ、リュック、クレートなど)の使用など、犬を電車に乗せるときのルールや注意点を解説します。

犬を電車に乗せることはできる?

各鉄道会社の条件を満たしていれば、ペットと一緒に電車に乗ることができます。ただし、鉄道会社によって条件は異なるので、事前に利用する路線のルールを確認しておきましょう。

身体障害者補助犬は全線無料で利用可

身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)は、身体障害者が電車などの公共交通機関を利用する際に同伴することができます。また、鉄道会社などの公共交通事業者は、補助犬の同伴を基本的に拒むことはできず、身体障害者補助犬の料金は無料となります。

犬連れ乗車の3つのルールと乗車料金(JRの場合)

犬を含めた小動物と電車に乗る場合、各鉄道会社によってルールがあります。今回は、JRの場合をご紹介します。

各鉄道会社によってルールは異なるので、利用する際は事前に確認しておきましょう。

しっかり守ろう!乗車ルールって?

JRの電車に犬を連れて乗車する際の基本的なルールは以下の3つです。

①キャリーバッグなどのケースに入れる

タテ・ヨコ・高さの合計が90cm程度、かつ一番長い辺が70cm以内のケース(キャリーバッグ、リュック、クレートなど)に入る犬で、ケースに収納した状態で有料手回り品として持ち込む場合に限り、犬も電車に乗せることができます。

②ケースと合わせて10㎏以内

犬を収納するケースと犬の体重の合計が10kg以内でなければ、犬を電車に乗せることはできません。

③犬の体を外に出さないこと

駅構内や電車の中で、犬をケースから出すことはNGです。JRでは、抱っこやスリング、抱っこひもなどを使って電車を利用することはできません。

これらのルールからケースの大きさや重さを考えると、実際には、中型犬や大型犬は電車を利用することができず、小型犬か子犬であれば、「手回り品」として一緒に電車に乗ることができます。ただし、列車が混雑しているときは断られる場合もあるので注意してください。

料金はどれくらいかかるの?

JRの場合は、犬を電車に乗せる際に犬の運賃はかかりませんが、犬を入れたケースが有料の手回り品(手荷物)の扱いとなり、料金がかかります。料金は1個280円で、改札口で切符を購入します。

JR以外の私鉄や地下鉄などの鉄道会社では、手回り品の料金がかからず、犬が無料で乗れる場合や、ペット用の乗車券を販売しているところもあるので、事前に確認しておきましょう。

どうやって乗せればいいの?

JRのルールでは、「長さ70cm以内でタテ・ヨコ・高さの合計が90cm程度のケース」かつ「ケースと合わせて10㎏以内」とあります。実際にどんなケースに入れたらよいのでしょうか?そしてどうやって乗せればいいのでしょうか?

犬を完全にケースに入れないとNG

犬の体が完全に収納できるケースでなければならないので、スリングや抱っこひもでの乗車はNGとなります。

また、ペットカート(ペットバギー)は、カート自体の寸法が手回り品扱い以上の大きさになるので、カートごと犬が乗車することはできません。ただし例外として、ケースとカートを分離できるタイプで、大きさと重量を満たせば手回り品扱いとなります。

犬を入れたケースの置き場所

犬を入れたケースは、飼い主が座席に座っている場合は、膝の上か足下に置きましょう。立っている場合は、肩にかけるか手に持った状態、または足下に置くとよいでしょう。

ただし、車内では座席の下などに冷暖房や空調設備があるので、強い温風・冷風が犬に当たらないように注意が必要です。

各鉄道会社によって条件が異なるので注意

JRでは、スリングやペットカート(ペットバギー)での電車利用はNGですが、鉄道会社によって犬連れ乗車の条件は異なります。事前に問い合わせるか、各鉄道会社のWEBサイトでルールや料金、注意事項などを必ずチェックしてください。

犬を電車に乗せる際の注意点

犬を電車に乗せる際には、注意すること、気を付けるべきことを確認して、他の乗客の迷惑にならないようにしましょう。

犬を興奮させないように、練習やしつけをする

犬と一緒に電車を利用する飼い主の一番の悩みは、犬が吠える、鳴く、暴れることではないでしょうか。駅構内や車内は、大きな音がしたり、乗客が急に入ってきたりと、犬には刺激が強いため、できるだけ犬を興奮させないようにしましょう。

そのためにできる対策として、まずは家で、電車に乗る際に使用するケースの中に入れ、おとなしくしていられるよう少しずつ慣らすのがおすすめです。

また、いきなりラッシュ時に乗車するのではなく、乗客が少ない時間や、すぐに下車できる各駅停車でまずは1駅だけ乗ってみるなど、慣らしながら上手に電車に乗れるようにしつけをしておくこともポイント。旅行などで長距離移動が必要になったときも安心です。

ケースから顔出しをさせない

改札の中に入ったら、犬をケースから出すことはできません。また、万が一ケースから顔を出させると、犬好きな人と接触して犬が興奮する可能性もあります。移動中、愛犬のことが気がかりではありますが、他の乗客もいるのでルールを守って利用することが大切です。

苦手な人もいることを考える

乗客の中には犬が好きな人もいれば、苦手な人やアレルギーを持った人もいます。電車の中や駅の構内で他の乗客をびっくりさせたり、不快にさせたりしないためにも、犬の顔を出さない、興奮させないことが大切です。

トイレをさせておく

電車の中で落ち着いていられるように愛犬のウンチやおしっこは事前に済ませておきましょう。もし心配な場合は、ケースの中にペットシーツを敷いておくか、愛犬にマナーパンツやオムツを着用させておくと安心です。

トイレをしていないと犬が落ち着かず、嘔吐をしたり要求吠えをすることもあるので、必ず事前にトイレをさせておきましょう。

マナーを守る

JRの場合は、必ず犬を入れるケースで移動をし、顔出しをさせないことが利用の条件ですが、ルールを守るだけでなく、ケースを座席に置くことや周りの人が不快に感じる行動、非常識な行動はNGです。

犬に負担をかけない

もし犬が電車に乗るのを嫌がっている様子がみられたら、犬連れでの電車の利用を諦めるのも愛犬のためです。無理な負担やストレスをかけないようにしましょう。

愛犬が乗り物酔いをする場合は?

電車に乗る際に、愛犬が酔ってしまう場合は、事前に動物病院で酔い止めの薬を処方してもらっておくとよいでしょう。薬を飲む時間や量などの使い方については、かかりつけの獣医師にしっかり確認してください。

まとめ

犬の体重や大きさが基準の範囲内であれば、電車はとても便利な移動手段です。鉄道会社のルールをよく確認し、マナーを守って愛犬との旅行やお出かけを楽しみましょう!

  • ※掲載している内容は、2019年6月25日時点のものです。
  • ※ページ内のコンテンツの転載を禁止します。

保険のお申し込みはこちら

0120-63-1234 午前9時~午後7時(日・祝・休業日を除く)