0120-63-1234 午前9時~午後7時(日・祝・休業日を除く)

大切なペットとの“いきいき”とした暮らしのために

犬猫お役立ち情報 ワンハッピーニャンハッピー

犬の生活

【獣医師監修】犬のノミ対処方法とは?防止・駆除方法やダニとの違いも解説

毛が密集している犬の体。いつのまにかノミやダニの巣窟となっているかもしれません!ノミを発見したときの対処法や予防法、ダニとの違いなどを解説していきます。ノミ・ダニは、予防や駆除をしないと犬がかゆがる、皮膚炎になるだけでなく、感染症の原因にもなるので、忘れずに予防をすることが大切です。

犬のノミの特徴と発生する原因

愛犬のブラッシング中や体を触っているときに「小さい何かが毛の中で動いた!ピョンと飛び跳ねた!」など、犬にノミが付いているのを発見したことはありませんか?ノミは、犬の体を動き回るので毛をかき分けて探しても、なかなか捕まえることができないものです。最初にノミの生態と発生する原因をみていきましょう。

犬のノミの特徴って?ダニとの違いは?

ノミは昆虫の仲間で、日本では約80種類存在するといわれています。大きさは約1.5〜3mmで、高さ30cm程度までピョンピョンと飛び跳ね、犬や猫など動物の体に寄生して吸血する特徴があります。また、犬に関わるノミは犬ノミよりも、猫ノミのほうが多いと考えられています。

ノミは春から秋にかけて発生しやすくなります。気温や室温が13℃以上になると繁殖しはじめ、約20〜30℃で繁殖サイクルが活発になり大量発生しやすくなります。このため、冬場の暖かい室内でも油断できません。

夏場など条件によっては、卵から孵化して卵を生むまでに最短で2週間前後のサイクルを繰り返し、爆発的に繁殖していきます。

またノミは家の中のカーペットやソファ、人間のベッド、犬の寝床、床、湿気のある場所などにも卵や幼虫、サナギが生息している可能性があります。室温やペットの飼育など条件がそろうと一気に増えてしまう恐れがあリます。しばしば人も吸血され、発赤と強いかゆみが続きます。室内を清潔にして、ノミが犬や猫の体を吸血したり、さらに卵を産んだりしないように予防・駆除する必要があります。

ノミは、ダニと間違われることがあります。ノミと違い、犬に関係するマダニはクモの仲間で約1〜5mm程度の大きさで、犬に寄生して吸血すると、約1cmの小豆大サイズにふくらむという特徴があります。

ノミとダニどちらも、感染症の媒介や皮膚病の原因になるので、予防・駆除が欠かせません。

なぜノミが!考えられる原因とは

室内犬なのに、どうしてうちの子にノミがいるの?と思うかもしれませんが、ノミが犬に寄生する原因はさまざまです。

予防薬を使用していない
ノミ・ダニの予防薬を使用していないと、犬の体に寄生する可能性が高くなるので、定期的な予防を行いましょう。
散歩中に外からもらってきた

お散歩中、藪、草むらの中に入ることや他の犬との接触などで、犬の体にノミが寄生することがあります。

最近、里山の近くでは猪や鹿が増え、街に出没することもあります。これらに付いたノミなどの外部寄生虫が街で繁殖し、犬に寄生する可能性も増加すると考えられます。

もともとあった卵が孵化、幼虫やサナギが生息してしまった
カーペットや室内の湿った場所で卵や幼虫、サナギが生息していると、ノミが犬に寄生する確率が高くなります。
人や犬、外を出入りしている猫から寄生した
ノミは犬や猫だけでなく、人間や野生動物にも寄生します。特に多頭飼いの場合は、全頭の予防をしていないと、犬同士の接触で大量発生する可能性があります。また、猫を一緒に飼っていたり、外出先などで猫と接する機会がある場合も要注意です。犬に付くノミの大半は猫ノミのため、飼育環境によっては犬よりも猫に気を付ける必要があります。
犬のブラッシングやシャンプーをサボりがち
日々のブラッシングや定期的なシャンプーを行うことで、ノミの糞やノミの寄生に早期に気が付く可能性が高くなります。
悪条件が整ってしまっている
部屋を閉め切りがちだったり掃除機をサボりがちだったりすると、フケやホコリ、湿った場所を好むノミの幼虫にとって好都合な条件となってしまいます。部屋の隅やソファの下、カーペットなどもしっかり掃除を行いましょう。

犬にノミが寄生するとどんな症状が出る?病気の可能性は?

愛犬がしきりに体をかゆがっているのは、ノミが寄生しているサインかも!悪化しないうちに症状をしっかり把握し、考えられる病気を予防しましょう。ノミが原因の皮膚炎は急激に悪化する可能性もあるので、注意が必要です。

犬のこんな様子はノミが寄生しているサイン!

下のような様子がみられたら、体にノミが寄生しているかもしれません。まずは愛犬をチェックしましょう。

ノミで引き起こされる病気とは

ノミは、皮膚炎や恐ろしい感染症を引き起こす可能性があります。ノミ由来の病気にならないためにも、予防や駆除が必要です。

ノミによる皮膚炎や貧血
ノミに刺された場所やノミの唾液に対するアレルギー反応によって、強いかゆみを伴う皮膚の急激な炎症(ホットスポット)を起こすことがあります。特に子犬や子猫の場合は、大量のノミに吸血されることで貧血を起こす可能性もあるため注意が必要です。
瓜実条虫症(サナダムシ)

犬が体をなめる際などに、瓜実条虫(サナダムシ)の幼虫が寄生しているノミを口にしてしまうことで体内に取り込んでしまいます。幼虫は体内で50cm以上に成長し、症状としては肛門を気にするようになったり、下痢や嘔吐を起こしたりすることがあります。瓜実条虫の体の一部である片節が糞にまぎれて排泄されるのが特徴です。

また、犬だけでなく人間がノミに刺されて感染症にかかる可能性があるので、ペットのノミ予防は必ず行いましょう。

ノミの駆除・対処法と予防について

では、ノミを発見したらどう対処すればいいのでしょうか? 飼い主でできる範囲の対処法、獣医師に診てもらうかの判断、また二度とノミが寄生しないように予防する方法を解説していきます。

つぶすのはNG!正しいノミの駆除方法とは

ノミ取り用の目の細かいくし(コーム)を使って、ノミや糞を探すことができます。

犬の毛をかき分けて、茶色や黒に見える細かいかさぶたのような塊の集まっている場所を発見したら、これを取って、濡らしたティッシュの上に置いてみてください。赤くにじんできたら、それは吸血した「ノミの糞」で、犬の体にノミが寄生している可能性が高いといえます。

ノミ取りくしにノミが引っかかった場合は、指や爪で絶対につぶしてはいけません。つぶすことで、メスの体内の卵が大量に飛び散ってしまうだけでなく、万が一口に入ると人間が瓜実条虫症に感染する可能性もあります。荷作りテープで捕まえたり、水に洗剤を加えた容器に入れたりし、卵の大量飛散を防ぎましょう。

しかし実際のところ、ノミは犬の皮膚や毛の間を動き回るため、体のどこにいるのかわかりづらく、さらに飛び跳ねる黒ゴマのような小さなノミを1匹ずつ捕まえるのは大変なので、予防薬や駆除薬を使ったほうが確実でしょう。ノミを見つけたらまずは室内の掃除を行い、すぐに愛犬の体に寄生したノミを駆除薬で駆除することが必要です。

症状によって対処方法が変わる場合があるので、動物病院を受診してスポットタイプやスプレータイプ、飲み薬を使用する判断や、皮膚炎の治療をしてもらいましょう。特にノミ由来の激しいアレルギー皮膚炎を起こしている場合は、短時間で一気に広がるので、早急な対処が必要です。

ノミを発生させないためには

愛犬にノミを寄生させないためには日々の予防が大切です。

清潔な飼育環境作り
まずは、飼育環境を清潔にすることです。ノミのエサとなるフケやホコリ、人間の食べかすを掃除機で吸い取り、風通しを良くして、ノミが繁殖しにくい環境を心がけましょう。
定期的な予防薬の投与
ノミ対策に最も効果的なのは、定期的に予防薬を投与することです。犬の体にノミを寄生させないためだけでなく、人間が感染症にかからないためにも予防薬は必要となります。量販店で購入できるものと動物病院で購入できる動物用医薬品では効果に違いがあるので、獣医師に処方してもらうのがおすすめです。
ブラッシングやシャンプーなどのお手入れ
日々のブラッシングや定期的なシャンプーの際に、体をかゆがる場所や脱毛部分、ノミの糞がないかの確認をしてください。日常のお手入れが、ノミの早期発見につながります。

まとめ

愛犬を病気やウイルスから守るために、しっかりとノミ対策を行いましょう。予防薬は、動物病院のみで取扱いのある効果の高い動物用医薬品を使用することをおすすめします。藪や草むらで愛犬が遊んだあとはノミやダニがいないかをチェックし、室内はできるだけ清潔に。もし見つけても絶対につぶしてはいけません!

定期的にノミ・ダニ予防薬を使用しながら、お散歩やお出かけ、キャンプなど、愛犬と楽しい生活を送りましょう。

監修者プロフィール

獣医師:佐々木伸雄 先生

東京大学卒業後、同大学の獣医学科、動物医療センターで動物外科の教員として勤務。主な対象動物は犬、猫であるが、牛、馬なども診療。研究に関しては、動物の腫瘍関連の研究や骨の再生医療など。2012年3月、同大を定年退職。この間、日本獣医学会理事長、農林水産省獣医事審議会会長などを歴任。最近は、「高齢者にもっとペットを飼ってほしい」という趣旨で、NPO法人高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク(VESENA)を組織し、活動中。

  • ※掲載している内容は、2019年6月25日時点のものです。
  • ※ページ内のコンテンツの転載を禁止します。

保険のお申し込みはこちら

0120-63-1234 午前9時~午後7時(日・祝・休業日を除く)