0120-63-1234 午前9時~午後7時(日・祝・休業日を除く)

大切なペットとの“いきいき”とした暮らしのために

犬猫お役立ち情報 ワンハッピーニャンハッピー

犬の生活

【獣医師監修】犬のがんの早期発見チェック項目と、原因・対処法を解説

最近ではがん(癌、肉腫)にかかる犬が増え、愛犬にもしものことがあったら…と心配な人も少なくないのではないでしょうか?

この記事では主に体表にみられるがんの症状や原因、早期発見・治療のための対処法を紹介します。また、そのほかのがんについても少し触れ、がんの治療法の解説もしているので、もしものための参考にしてください。

犬のがんとは?

人間と同じように、犬もがんになります。人間にみられるがんはほぼ犬にもあるといえます。がんは、細胞の異常増殖によって発生する病気で、日本における犬の死因のトップです。人間と同じく、飼育法がよくなったことや獣医療の進歩によって長生きをする犬が多くなったことも、結果的にがんになる犬が増えている要因とも考えられています。

万が一、愛犬ががんにかかった場合の生存率を高めるには、早期発見・治療を行うことが肝心です。犬は人間のように「ここが痛い」「具合が悪い」と話すことができません。そのため、がんの初期症状のサインに気が付きにくく、徐々にがんが進行して、気が付いたときにはすでに治療が難しい状態になっているケースも多くあります。

なお、この記事では「がん」という言葉を悪性のものに対して用います。しかし現在は、良性の腫瘍を含めた腫瘍全体をがんと呼ぶことがあります。良性の腫瘍とがんではその進行や治療に対する反応が大きく異なりますので、その点は注意してください。

犬の体表にみられるがんの主な症状

犬のがんのうち、最も多いのが体表にみられる皮膚や乳腺のがんです。

それ以外に体腔内にある肺のがん(多くは転移性のがん)、腹腔内の消化器のがん、肝臓がん、腎臓がん、膀胱がん、筋骨格系のがん(骨肉腫、関節内のがん)、神経系のがん(脳腫瘍、脊髄腫瘍、末梢神経のがん)、血液リンパ系のがん(リンパ腫、白血病)などがあります。

体表にあるがんは、体表に腫れやしこりがみられるため、比較的見つけやすいですが、体腔内のがんは、外からわかりにくいため、食欲がない、元気がない、下痢・嘔吐が続く、食欲があるのに痩せて体重が落ちてくる、血尿、血便などの出血や浸出液が見られる、苦しそうに呼吸する…など、明確にがんと言えるものではありません。症状と主ながんの種類の関係を表にまとめると下のようになります。

がんの部位別症状 がんの種類
リンパ管、リンパ節の腫れ リンパ腫、がんのリンパ節転移
口の中のできもの 悪性メラノーマ、扁平上皮がん、線維肉腫など
下痢や血便、嘔吐 直腸がん、胃がんなど
血尿、排尿障害 膀胱腫瘍、尿道移行上皮がん、前立腺がんなど
膣からの分泌物 子宮がん、卵巣がん
肛門からの分泌物 肛門嚢アポクリン腺がん、肛門周囲腺がんなど
歩きかたの異常 骨髄腫、骨肉腫、関節腫瘍、脊髄腫瘍、脳腫瘍など
苦しそうな呼吸、咳 肺や胸腔内のがん

体表にできるがんは、飼い主さんが触ったり、シャンプーをしたりするときにしこりとして気付くことができます。注意するポイントは大きさ(たとえば1cm以上あるか)、そのしこりがどの程度の期間にどれくらい大きくなるか、しこりの形が不整形か、その表面の毛が抜け、赤く炎症を起こしているかどうか…などです。

がんは一般に悪性で発育が早いため、もし1か月経って徐々に大きくなっているようであれば、早めに獣医師に相談するとよいでしょう。また、硬く、不規則な形の場合や、柔らかくても表面の被毛が抜け、炎症を起こしているようであれば、同様に早めに獣医師に相談しましょう。犬に比較的多い肥満細胞腫というがんの可能性があります。

乳腺のしこりは、気付いたときにすでに複数あることもあります。ただ、乳腺腫瘍のうち約4割は良性で、進行は早くありません。その場合、手術を行うか、いつ手術をすべきかなど、進行に合わせて考える余裕が十分にあります。獣医師に相談して決めましょう。

ただし、悪性の乳腺腫瘍(乳がん)は一般に進行が早く、また周囲の皮膚に固くつながっていることがあります。表面に炎症がみられるケースもあるので、そのような場合は見つけたら早めに獣医師に相談してください。

リンパ腫はリンパ節や肝臓、脾臓に発生する悪性腫瘍の1つです。リンパ腫には多中心型、消化器型、皮膚型、胸腺型、節外型があり、種類によって症状が異なります。リンパ節が腫れるケースでは、飼い主さんやトリマーさんが体を触ったり、ケアをしたりしているときに、気が付くケースが多いです。

考えられる原因

がんの発生には、人でもさまざまな要因が推測されていますが、詳細は不明です。一般には高齢になるほど発生する可能性が高くなります。人と同様、その細かい機序についてはこれから解明されることが期待されます。

犬でも家系的になりやすいがんはありますが、どのように遺伝が関与するかは今後の課題です。乳がんや前立腺がんは若齢期の卵巣摘出・去勢により発生率が大幅に減少するため、性ホルモンの関与があると考えられています。なお、化学物質などに起因するがんの詳細は、犬ではあまり明らかになっていません。

早期発見のため、こまめなボディチェックと観察を!

がんは早期発見・早期治療が重要です。「気が付いたときには手遅れだった」ということがないように、日ごろから愛犬の体をチェックしましょう。がんの早期発見につながるチェックポイントを紹介します。

なお、これらは一般の病気に共通する部分もあるため、がん以外の重い病気かどうかを判断する際にも参考にしてみてください。

チェック項目 チェック内容
目の輝き、白目の黄ばみ、目やに、目の周辺のできもの、眼球の大きさ、目をかゆがっている、目が見えていない
耳の汚れ具合、耳の周辺のできもの、耳をかゆがっている、耳や頭を振る
鼻周辺のできもの、鼻水の色、くしゃみ、いびき、呼吸の状態、出血、顔や鼻の歪み
歯茎や歯、舌の異常、口臭、歯周病、口の中のできものやただれ、出血、よだれの量、できものの色
皮膚 皮膚のできものやしこり、炎症、腫れ、出血、痛がる、しこりが急に大きくなっている(経過観察の場合)
お腹 触ったときに痛がる、不自然な腫れや膨らみ、しこり(雌犬の場合は、乳腺にしこりがないかをしっかり確認する)
痛がる、腫れ、足を舐める、しこり(指の間や肉球の間もしっかり確認する)、筋肉が痩せてきている
リンパ節 コリコリしたしこり(脇の下や鼠径部、あごの下などリンパ節のある部分を確認する)
歩きかた 跛行(はこう)(足をひきずる)している、まっすぐに歩けない
食べかた 食欲がない、口の動かしかた、食べるのが遅い、食べにくそうにしている
呼吸 咳や息切れ、寝ているときに呼吸が止まることがある、苦しそうにしている
排泄物や分泌物 便や尿の状態、体から異常な分泌液が出ている

日ごろから愛犬の体をたくさん触ってあげて、小さな変化にも気が付けるようにしておくことが大切です。また、定期的に動物病院で健康診断を受けることで、がんやほかの病気の早期発見の可能性が高まります。

気になるところがあったら早めに動物病院へ!

ボディチェックや動きかた(歩きかた)の観察などで気になるところがある場合や、体に明らかにしこりの感触がある、心配なことがあるといった場合は、早めに動物病院を受診して、獣医師に相談することをおすすめします。

動物病院ではがんが疑われる場合、診断のために、触診、血液検査、超音波検査、レントゲン検査が行われます。また必要に応じてしこりの細胞診、病理検査が行われます。転移の確認や脳内、脊髄などに対してはMRIやCTの画像診断が特に有用です。

これらの診断をもとに、がんの進行度を判定します。がんの進行度(臨床病期)の判定には、病理学的な判断とともに腫瘍の大きさ、周りのリンパ節への浸潤、および転移の有無が重要です。それをもとに治療の方針を決定していきます。

がんにかかってしまったら?犬のがんの治療法

愛犬ががんと診断されたからといって、すぐ死が訪れるとは限りません。がんは治りにくい病気として知られていますが、すべてのがんが治らないというわけではなく、早めに対処をすれば完治する可能性は十分にあります。その判断のためにも臨床病期の判断が特に重要です。また、がんの種類や愛犬の状態に応じてさまざまな治療を選択することが可能です。

「治療をしないとどうなってしまうの?」という疑問が出てくるかもしれません。がんはそのタイプにもよりますが、進行すると痛みを伴うこともあり、がんの末期になると明らかに犬が「痛がる」「苦しがる」ようになる可能性があります。がんを治す積極的な治療を行うことだけでなく、愛犬の痛みをとる治療を行なってあげることも、がんと向き合う選択肢の1つです。

犬のがんに対する主な治療法は、依然として「手術(外科療法)」「抗がん剤(薬物療法・化学療法)」「放射線(放射線療法)」の3つです。多くの症例では、これらの治療法を単独あるいは組み合わせて行います。また、がんを根治することではなく、犬のQOL(生活の質)をできるだけ保ち、痛みを少なくすることを目的とした「緩和ケア」もあります。

手術(外科療法)

体表のがんに対しては、手術は効果の高い治療法です。臨床病期が早期(ステージ1・2)と判断される場合、手術を行い、外科的に腫瘍を切除することで、がんを根治する大きな効果が得られることも十分に期待できます。

しかし、すでに肺などほかの部位に転移がみられたり、症状が進行したりしている場合(ステージ4)や、犬が高齢だったり、もともと病気などがあり、麻酔へのリスクが高いと考えられる場合は手術ができないこともあります。

抗がん剤(薬物療法・化学療法)

がんの増殖を防ぐために、抗がん剤を使用する薬物療法(化学療法)も多く行われています。腫瘍を小さくする効果や、QOLを維持して少しでも長く生存させることが期待できますが、体表のがんについては、特定のがんを除き、非常に高い効果を持つ薬物は多くありません。また、化学療法は嘔吐、食欲減退、ふらつき、骨髄抑制などの副作用がみられることがあります。

放射線(放射線療法)

放射線治療は、がんに対して強い放射線を照射することで、腫瘍を小さくしたり、がん細胞が増殖する速度を抑えたりする効果が期待できます。がんをピンポイントで狙って放射線を照射することが可能なので、手術が難しい場所にある腫瘍でも治療を行えるのがメリットです。また、放射線療法と手術を組み合わせた治療を行うこともあります。一方で放射線治療施設が少ないことや、複数回行う放射線治療の際に必要な麻酔の使用に関するリスク、放射線照射部位の皮膚のただれや脱毛といった副作用などのデメリットもあります。

そのほかの手段として、緩和ケアも

もし、がん末期になり犬が強い痛みを訴えたり苦しんだりする場合、さまざまな鎮痛薬、漢方薬、サプリメントなどが使用されています。中でも最近は麻薬を利用するケースが増え、緩和ケアとして効果を上げています。がんが進行していて治療できない場合や痛みを取り除いてあげたい場合、最期を自宅で看取りたい場合などに、代替治療として選択されます。

また、高齢でがんが進行した犬は、必ずしも痛みや苦痛を示さず、少しずつ食欲や飲水が低下し、最期は苦痛もなく旅立つという症例もあります。愛犬が住み慣れた自宅で、安心して最期を迎えられるよう見守るというのも考えられるのではないでしょうか。

犬と飼い主さんがともに苦しまない方法がベスト

愛犬のがんをなんとか治してあげたい!と思っても、ペットは人間と違って公的な健康保険制度がないため、ペット保険などに加入していないと、治療費が高額になる場合もあります。また、治療方法によっては犬が苦しみ続ける可能性も。治療を続けるためには飼い主さんの経済状況と犬の病状、どちらも大切なので、よく考えて獣医師と相談しながら治療方針を選ぶことをおすすめします。

まとめ

愛犬と毎日過ごしているのは飼い主さんです。日ごろから愛犬との触れ合いを大切にして、ちょっとした愛犬の体調変化に気が付くことができるようにしておきましょう。日ごろの愛犬とのスキンシップや観察、定期的な健康診断が、がんの早期発見につながります。

監修者プロフィール

獣医師:佐々木伸雄 先生

東京大学卒業後、同大学の獣医学科、動物医療センターで動物外科の教員として勤務。主な対象動物は犬、猫であるが、牛、馬なども診療。研究に関しては、動物の腫瘍関連の研究や骨の再生医療など。2012年3月、同大を定年退職。この間、日本獣医学会理事長、農林水産省獣医事審議会会長などを歴任。最近は、「高齢者にもっとペットを飼ってほしい」という趣旨で、NPO法人高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク(VESENA)を組織し、活動中。

  • ※掲載している内容は、2020年1月21日時点のものです。
  • ※ページ内のコンテンツの転載を禁止します。

保険のお申し込みはこちら

0120-63-1234 午前9時~午後7時(日・祝・休業日を除く)