0120-63-1234 午前9時~午後7時(日・祝・休業日を除く)

大切なペットとの“いきいき”とした暮らしのために

犬猫お役立ち情報 ワンハッピーニャンハッピー

犬の生活

【獣医師監修】犬の誤飲・誤食が疑われるときのチェック項目と予防策

おもちゃを噛む犬

愛犬がボタンを飲み込んでしまった!おもちゃのパーツやゴムを食べてしまったかも?犬が口にしやすいものやその危険性、対処法を紹介します。また、誤飲・誤食で起こりやすい食道、胃、小腸などの消化器の病気や中毒についても解説します。誤飲を防いで愛犬と楽しい毎日を過ごしましょう。

誤飲・誤食の疑いがある際に確認すべきチェック項目

留守番中やちょっと目を離したすきに、愛犬が食べてはいけないものを口にしてしまったら…ウンチで出てくるまで待っていても大丈夫なのかなど、心配になりますよね?犬の誤飲・誤食は、すぐに症状が現れるものとそうでないものがあります。「誤飲したかも?」と思ったときはまず落ち着いてできることを確認しましょう。

誤飲・誤食の症状を確認

犬が誤飲や誤食を起こすと、以下の症状がみられることがあります。

誤飲・誤食をしても無症状の場合もあります。部屋の様子など何かおかしいと感じたら、早めに動物病院を受診しましょう。

誤飲・誤食したものを確認する

犬が誤飲や誤食をした疑いがある場合、飲み込んだものを確認できると動物病院での診察に役立ちます。小さく飲み込みやすいものは人も気が付きにくいので注意が必要です。

誤飲しやすいもの

犬や子どものおもちゃ、小さなボール(スーパーボールなど)、トイレシート、ジョイントマット
犬が噛んで飲み込んでしまうことがあります。硬いプラスチック片やゴム、その他の材料のシートなどを誤飲すると、腸閉塞や窒息を起こして死亡する危険があります。
ビニールやヘアゴム、ボタン(糸付きは特に注意)、ペットボトルのキャップ
消化できないので処置が必要になります。人間の不注意で床に落ちているものは飲み込んだことに気が付かない場合が多くあります。
骨や竹串(特に焼き鳥の串)、アイスの棒、爪楊枝、ヘアピン、ネジ、クギ、画鋲、マチ針、薬のアルミ包装シート
先の尖っているものを誤飲すると消化管を傷付け、さらにその先の臓器(肺や肝臓など)を傷付ける恐れがあり、緊急手術が必要になる可能性が高いです。
布、綿、ひも(特に長いものは危険)
布や綿、ひもは犬が噛んで遊んでいるうちに飲み込んでしまい、のどに詰まらせたり量によっては腸閉塞を起こしたりする危険があります。靴下も犬が飲み込みやすいものの1つです。
人間の薬やたばこ
薬やたばこは犬が誤食すると中毒を起こして死亡するなど命に関わります。適切な場所に保管し、万が一食べてしまった場合は、動物病院での早急な対処が必要です。
玉ねぎやチョコレート
玉ねぎなどのネギ類やチョコレートは、犬に害があります。摂取量によっては中毒で命を落とす危険があります。
ボタン電池、乾燥剤、洗剤、ゴキブリ駆除剤など
ウンチで出てくる場合もありますが、中毒を引き起こしたり内臓にダメージを与えたりする可能性もあります。特にボタン電池は消化管に穴を開ける可能性があります。速やかに動物病院の診察を受けましょう。
観葉植物や花
観葉植物や花の中には中毒を起こす毒性を持つ植物もあるので注意が必要です。

誤飲・誤食が疑われる場合は、すぐ動物病院へ

もし愛犬が誤飲・誤食をした可能性がある場合、自己判断をするのはやめましょう。水や牛乳、食塩、オキシドールを飲ませる、吐かせようと体をむやみに動かすといった行為は、愛犬の命をより危険にさらす可能性があります。
すぐに動物病院に連絡を入れて獣医師の指示を仰ぎましょう。

連絡する際には、わかる範囲でも、何をどれくらい食べた可能性があるのか、誤飲・誤食からどれくらい時間が経っているか、犬が吐く・震えるなどの症状や異変があるのか、ウンチが出ているかなどの様子を伝えると診察に役立ちます。

犬の誤飲・誤食で心配なのは消化器障害と中毒

診察される白い犬

犬の誤飲で心配な症状は、食道、胃、腸の閉塞や損傷、誤飲物の成分による中毒です。飲み込んだものによって症状の出方や症状が出るまでの時間が異なります。対処が遅れると死に至る可能性があるので、心配な場合はすぐに病院を受診しましょう。

食道、胃、腸の閉塞とは?

食道や胃、腸などの消化器官に閉塞を起こしている場合、症状は閉塞を起こしている部位によって異なります。

食道の閉塞

食道から胃の手前までの部位で食道閉塞を起こす異物としては、鳥の骨、焼き鳥の串、犬の身体に比較して大きなもの(おもちゃ、ボール等)などが挙げられます。食道が閉塞した場合、誤飲・誤食後すぐにはっきりとした症状がみられることが多いです。大量のよだれが出る、部屋の中を歩き回る(落ち着かない)、吐くしぐさをするのに何も出てこない、呼吸困難などがみられます。

胃の閉塞

あまり刺激とならないような異物が胃にとどまっていると無症状のケースもあり、見た目だけで判断するのが難しいです。コインや比較的丸い異物などは、胃に対する刺激が少なく症状もほとんどなく、X線検査等で偶然見つかるケースもあります。しかし、胃から腸に異物が移動する際に、胃が狭くなる幽門という部分で閉塞を起こすと、胃に栓をした状態となり、激しい嘔吐が続いてショックや循環器障害を起こして死亡することもあります。また、焼き鳥の串のように、尖ったものが胃に穴を開けてしまい、さらには肝臓や肺を傷付ける可能性もあります。

腸の閉塞

誤飲・誤食をしてから時間が経過して、腸に異物が詰まる腸閉塞を起こした場合も食欲がまったくなくなり、嘔吐を繰り返す、ウンチが出ない、腹痛などの症状がみられます。特にひも状の異物が胃から小腸にかけて詰まると小腸に広く傷害が生じるため、非常に危険です。お腹がふくれるような場合は、腸管が壊死したり腹膜炎や敗血症を起こしている可能性があり、命に関わるため、早急な対処が求められます。

誤飲・誤食で起こる中毒とは?

誤飲・誤食後に、急に嘔吐を繰り返す、下痢、よだれや震えが止まらない、痙攣を起こす、泡を吹く、倒れる、意識を失うといった症状がみられる場合は、中毒が疑われます。

動物病院での処置と治療費用

犬が誤飲・誤食をした可能性が高い場合は、動物病院で適切な治療を受けることが大切です。飲み込んだもののかけらや嘔吐物などがあれば、持って行きましょう。

主な診断法と処置方法

症状や重症度によって異なりますが、動物病院では診断のうえ、次のような処置が行われます。わからないことや不安なことは獣医師に相談しましょう。

診断法

触診や腹部のレントゲン検査、エコー検査、バリウム検査(造影検査)、内視鏡検査、血液検査などが行われます。

治療法

誤飲・誤食の治療は、異物のある部位や種類によって異なります。胃にある場合は吐かせる注射や点滴(催吐処置)、内視鏡での異物除去、開腹手術などが行われます。腸にある場合は開腹手術によって腸内の異物を取り出し、腸の損傷や壊死がみられたら腸の一部を取り除く処置が行われます。

中毒を起こしている場合は、原因となっている成分を体から排出させる処置や投薬治療が行われます。

誤飲・誤食の治療費用、手術代

処置によって異なりますが、だいたいの目安として実際に当社へご請求があった治療費用例をご紹介します。このほかにも、検査代や薬代などが別途かかることがあります。

  • ※治療の平均や水準を示すものではありません。
  • ※動物病院によって、治療項目や金額は異なります。

犬の誤飲・誤食を未然に防ぐためにできること

夫婦と犬

犬の誤飲や誤食は、室内でも屋外でも起こる可能性がありますが、飼い主さんの注意によって予防することができます。

住環境の整備

まずは、犬が飲み込む可能性のあるものを室内に置かないようにします。特に中毒を起こす可能性のある薬や観葉植物、食品などはしっかり管理しましょう。

犬のおもちゃも遊んでいるうちに噛んで食べてしまうことがあります。基本的には丸飲みする恐れのあるサイズのおもちゃは避け、留守番時や愛犬から目を離す際には、おもちゃを出しておかないことが大切です。

正しいしつけ

お留守番の際にケージやサークルの中で過ごせると、室内を荒らしたり誤飲・誤食をする機会を減らせます。特に子犬はなんでも噛んで口にするため、ケージでお留守番できるようにしつけるといたずらができなくなります。

このとき、犬がトイレシート(ペットシート)をビリビリに破く場合は、メッシュ付きのトイレトレーを使用するのがおすすめです。

また、お散歩中の拾い食いも危険です。室内でも屋外でも落ちているものを勝手に食べないように、ふだんからしつけることも大切です。

その他にも、くわえたおもちゃを指示通りに放す遊びができるようになると、誤飲・誤食対策になります。

ストレスのない生活

犬はストレスを抱えたり、飼い主と離れて過ごすときに生じる分離不安症と呼ばれる精神状態になると、破壊行動をすることがあります。お留守番中にペットシートをビリビリに破く、ティッシュや犬のベッド、家具の綿が散乱しているといった状況が頻繁に起こる場合は、犬がストレスを感じているかもしれません。

こんなときは、運動はしっかりできているか、愛犬と遊ぶなどコミュニケーションがきちんと取れているか、お留守番が多くないか、ごはんの量が適切かなど、犬にストレスがかかっていないか日々の生活を見直してみましょう。

まとめ

犬の誤飲・誤食は、ウンチとして出てくる場合もありますが、胃や腸にとどまったり内臓を傷付けて緊急手術が必要になることもあります。特に、留守番中や目を離した間の出来事は、何を口にしたか判断できないので、飼い主さんがふだんから室内に危険なものを置かないこと、しっかり管理することを徹底しましょう。

また、誤飲・誤食の疑いがある場合は、飲み込んだものや症状を確認してすぐに動物病院を受診してください。無症状でも早めに連れて行くことが安心につながります。

獣医師:佐々木伸雄 先生

監修者プロフィール

獣医師:佐々木伸雄 先生

東京大学卒業後、同大学の獣医学科、動物医療センターで動物外科の教員として勤務。主な対象動物は犬、猫であるが、牛、馬なども診療。研究に関しては、動物の腫瘍関連の研究や骨の再生医療など。2012年3月、同大を定年退職。この間、日本獣医学会理事長、農林水産省獣医事審議会会長などを歴任。

  • ※掲載している内容は、2021年2月25日時点のものです。
  • ※ページ内のコンテンツの転載を禁止します。

保険のお申し込みはこちら

0120-63-1234 午前9時~午後7時(日・祝・休業日を除く)