0120-63-1234 午前9時~午後7時(日・祝・休業日を除く)

大切なペットとの“いきいき”とした暮らしのために

犬猫お役立ち情報 ワンハッピーニャンハッピー

犬の生活

愛犬の鳴き声で気持ちを理解しよう~快適に暮らすためのしつけも解説~

オルト

「ワンワン」「クゥ~ン」「キャンキャン」…犬の鳴き声は時と場合によって様々です。

この記事では、犬の鳴き声から犬の気持ちや状態を解説します。また、大きな声で吠えているときの犬への接し方や近所迷惑になっている場合に大きな声で吠えさせないようにするしつけの方法まで、飼い主さんのお悩みを解決します。

特徴的な犬の鳴き声から犬の気持ちを知る

犬は人間の言葉を話すことはできませんが、鳴き声やボディランゲージを使い分けて感情を表現できる動物です。ここでは、典型的な6つの犬の鳴き声から、それぞれの犬の気持ちを解説します。

「アンアン」 尻尾を振ってうれしい気持ち

犬が「アンアン」とトーンが高めな声で鳴きながら尻尾を振っている場合は、喜びやうれしい気持ちを表現する鳴き声です。

お留守番をしていた犬が、飼い主さんの帰宅時に、体をくねらせたり尻尾を振りながら「アンアン」という鳴き声を出していたら、犬は飼い主さんが帰ってきたことがうれしくて仕方ない気持ちを表現しています。

「ワンワンワンワン」 低く大きな声で相手を警戒、威嚇している

「ワンワンワンワン」と低く大きな声で吠えている場合は、犬が吠えの対象となる人や犬、物などを警戒し、威嚇している鳴き声の可能性があります。

人や犬を見ただけで吠える、相手が近づいてくると吠える、通過しただけで吠えるなど、縄張りから自分や家族以外を追い出そうとすることに満足感や達成感を感じている犬もいます。

警戒や威嚇によって吠える行動が習慣になると、鳴き声を止めるのが難しくなっていくため、飼い主の悩みになることが多いと言われています。
「無駄吠え」の原因と対処法は後述します。

「ウ~グルルルル」 低い声で喉を鳴らすのは攻撃の一歩手前

「ウ〜グルルルル」と低い声で喉を鳴らして唸っている場合は、人や犬、物に対して攻撃に出る前の行動の可能性があります。

「ウ〜グルルルル」という鳴き声を出しながら、背中の毛を逆立てていたり歯を剥き出したりしている場合は、警戒や恐怖、縄張り意識などから「これ以上近づくな!」「ここは自分の縄張りだ!」「これは自分の物だ!」という犬の気持ちを表している可能性があります。

このとき、歯を剥き出しながら低い鳴き声を出している犬に近づいたり手を出したりすると、攻撃行動を起こす可能性があるので、刺激しないようにしましょう。

大切なおもちゃを守ろうとして鳴き声が出る、遊んでいるときにテンションが上がると鳴き声が出るなど、どんなときに唸るのかを知ることが大切ですが、攻撃性のある犬の場合は、犬自身が安心して生活するためにも、犬のしつけを行うドッグトレーナーに相談することをおすすめします。

「キャンキャン」 高い鳴き声は恐怖を感じている

「キャンキャン」と甲高い声で鳴き続けている場合は、犬が恐怖や痛みを感じたり、パニックを起こしたりしている可能性があります。

悲鳴のような高い声で「キャンキャン」と鳴きながら、その場から動かなくなったり片足を上げたりしている場合はケガをしているかもしれません。

もっと遊んで!うれしい!というときにも、興奮や要求から「キャンキャン」と高い鳴き声を出すこともあります。

「ウォ~~~~ン」 飼い主を呼ぶ遠吠えは寂しさから

マズル(鼻)を上げて喉を伸ばしながら「ウォ〜〜〜〜ン」と長く吠える遠吠えをしている場合は、犬が寂しさを感じて鳴き声で飼い主や仲間を呼んでいるサインです。

お留守番中などに悲しそうに何度も鳴くことがありますが、犬がかつて群れで暮らしていた本能や習性から、他の犬の鳴き声や雷、犬の鳴き声と周波数が近いと言われる防災無線や救急車などのサイレンに反応して吠えるケースもあります。

特に、深夜や早朝の遠吠えは、鳴きやまない状況が続くと、「犬がうるさい」と警察に110番通報が届くなど、隣人との騒音トラブルにつながりやすいです。

人と暮らしている犬が大きな鳴き声で遠吠えをする場合は、犬が何らかの寂しさやストレス、痛みなどを感じている可能性があるので、犬が安心できるように生活環境や接し方を変える必要があるでしょう。

「クンクン、クンクン」 子犬に多く甘えや寂しさから

「クンクン、クンクン」と鼻を鳴らすような甲高い鳴き声は、犬の甘えや寂しさを表現している可能性があります。

落ち着きなく動き回りながら「クンクン、クンクン」と鳴き続ける様子は子犬に多くみられますが、これは母犬や兄弟姉妹、同居犬、飼い主などを呼んでいる鳴き声です。

犬がうるさく吠えるのはどんなとき?しつけや対策の方法は?

オルト

犬が吠えるのには理由があり、警戒や威嚇、要求、苦痛、興奮などの感情の変化から鳴き声を出していることが考えられます。このため、犬の性格やその場の状況にあった対応が必要です。

犬が吠え続けると、ご近所からの苦情や騒音トラブルに発展するなど、飼い主の精神的な負担や悩みになりやすいと言われています。

飼い主にとっては無駄吠えでも、犬にとっては何らかの意味や主張があるから吠える行動を起こします。

犬の無駄吠えをやめさせたい場合は、なぜ鳴き声を出しているのか、何に対して吠えるのかをまず知って、それに対して適切な対応やしつけを行い、人と犬が落ち着いて過ごせる状態を目指しましょう。

犬が過剰な警戒心や恐怖心を持たないようにするためには、子犬の時期に多くの人やさまざまな環境に慣れ、犬同士のコミュニケーション方法を学ぶことが必要です。

ではここからは、成犬になってからの適切なしつけの方法、対応方法についてみていきましょう。

家のチャイムが鳴ったとき、家に人が来たときに吠える

犬がチャイムの音に反応して吠える場合、音に対する警戒心や来訪者への威嚇、あるいは、飼い主に来訪者を知らせるために興奮して鳴き声を出している場合があります。

来客時のチャイムに吠える犬への対策としては、「ピンポーン」と音が鳴ったとき、犬がどういう状態で吠えるのかを確認することが大切です。

音に警戒している場合は、録音したインターホンの音を何度も聞かせる、誰かに協力してもらい、音が鳴ったらハウスやサークルに入るように指示を出して、上手にできたら褒めたりご褒美をあげたりすることを繰り返してみましょう。

家の前を通る人に吠える

犬には家や縄張りを守る本能があるため、窓や門越しに家の前の通行人に対して吠える場合は、自分のテリトリーに近づいてくる人を追い払おうとして鳴き声を出しています。

縄張り意識から吠えている場合は、犬が過ごすスペースを外が見えない場所に移動させたり、カーテンや窓にフィルムを貼ったりするなどして、外が見えないようにするとよいでしょう。

通勤や通学時間帯など、人が多く通る時間に吠える場合は、その時間は外が見えない場所に犬を移動させたり、散歩に出かけたりして吠えるきっかけを与えないようにする方法もあります。

自分の要求を伝えたいときに吠える

犬は自分の思い通りになった経験を重ねることで、要求吠えをすることがあります。

人に対して自分の要求を伝えたいときに吠える場合は、無視をする、吠える状況になる前にたくさんコミュニケーションをとるなど要求を満たしておくといった二つの方法があります。

無視をする場合は、家族の一人だけが無視をするのではなく、家族全員が同じように一貫した態度で対応をすることが必要です。

注意点としては、犬が家族に無視をされたときに、自分の思い通りにならないことから一時的に要求吠えが強くなる場合があるので、無視をする決意と続ける根気が必要になります。

要求を事前に満たす場合は、お散歩に行ったり、おもちゃで一緒に遊んだりするなど、犬の満足度を高めてあげるのもよいでしょう。

散歩をしているときに人、犬に対して吠える

お散歩中に人や犬、自転車、バイク、車などに対して吠える犬もいますが、興奮した犬をコントロールするのは技術が必要なためしつけが難しく、飼い主さんの悩みになりがちです。

もし、警戒心や威嚇から人や犬に対して吠えている場合は、犬の目に触れさせないようにしましょう。

犬の前に座るなど、視界をふさいだまま人や犬が通過するまで待ったり、人や犬に出会いにくいお散歩コースを選んだりするなどの対策もよいでしょう。

老犬で認知症になり吠える、痛みや苦痛により吠える

犬の鳴き声の中には、痛みや苦痛からくるものもあります。

老犬で認知症が始まっている場合は、日中にしっかりと体を動かすなど脳を覚醒させることで睡眠の質を上げて夜間によく眠れるようにしましょう。また、ぐっすり眠れる寝床や環境を作ってあげることも大切です。

深夜や早朝に夜鳴きが激しい、一日中吠えているといった場合は、ご近所との騒音トラブルにつながったり、家族が寝不足やノイローゼなどの体調不良を起こす場合もあります。

こういった場合は、獣医師に相談して愛犬に睡眠導入剤を使用する方法もあります。

もし、愛犬が病気やケガなどで体の痛みを抱えている可能性がある場合は、早めに獣医師の診察を受けるようにしましょう。

犬の鳴き声で気になる「動物愛護管理法」について知っておこう!

オルト

吠えグセのある犬と暮らしている場合、犬の鳴き声が近所迷惑になっていないか心配になりますよね。近年では、近隣間の騒音トラブルが大きな問題に発展することが少なくありません。

犬の鳴き声が法的にどのように扱われるのか、飼い主として知っておくことも大切です。ここでは「動物愛護管理法」についてお話しします。

ご近所から苦情がくる前に確認しておこう

犬の鳴き声について苦情が寄せられる先は、警察の110番通報や自治体、保健所などになります。犬の鳴き声は公害問題として扱われる場合もあるようです。

もし近隣で「犬の鳴き声がうるさい」「深夜早朝に遠吠えをする」「飼い主が吠えるのをやめさせようとしない」こういった状況が続いたとしたら、近所の人々にとって迷惑になります。

「犬の鳴き声くらい」というのは飼い主側の気持ちであって、周囲に迷惑をかけないように犬を飼育することは飼い主の義務であり、マナーの1つでもあります。ときに公害問題や騒音問題、迷惑防止条例違反として、近隣住民が健康被害を訴えたり、裁判で慰謝料の支払いを求めて損害賠償請求されたりする可能性があるのは知っておくべきことです。

犬の鳴き声や吠えによる問題は、犬の性格や状態によって対処方法が異なるので、もし、犬の鳴き声による近隣への影響が気になっている場合は、ドッグトレーナーなどに早期に相談することをおすすめします。

「動物愛護管理法」でも求められる、ペットのしつけとマナー

犬を飼うには法律とペットと暮らすマナーを守ることが飼い主としての責任です。

動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護管理法)の中でも、ペットのしつけとマナーについての重要性が言及されていて、その中に犬の鳴き声などで近隣に迷惑とならないようにすることも含まれています。

無駄吠えで近隣の住民に迷惑をかけないようにすることはもちろんですが、愛犬がなぜ鳴き声を出しているのか、ストレスや体の不調を感じていないかなどを確認し、無駄吠えの対策としてできる範囲のしつけを行うことは、犬を飼ううえで必要です。

まとめ

小さな「クーン」という声から、強そうな「ワン!ワン!」という声まで、犬の鳴き声にはさまざまな種類があります。

犬の鳴き声から気持ちを理解できるようになれば、愛犬とのコミュニケーションをさらに深めることができます。また、なぜ吠えているのか、どのタイミングで吠えるのかという原因がわかればより対処がしやすくなります。

もし愛犬に認知症の疑いや体の痛みがあることが考えられる場合は、なるべく早く動物病院を受診しましょう。

  • ※掲載している内容は、2021年11月16日時点のものです。
  • ※ページ内のコンテンツの転載を禁止します。

保険のお申し込みはこちら

0120-63-1234 午前9時~午後7時(日・祝・休業日を除く)